bluesky-15’s diary

今まで撮った写真の中から その時の気分でアップしていきます。

4月末 月山へ。



4月末。

夏と秋にしか行ったことのなかった月山へ。



月山山頂付近は 強風の予報。

ホントかなぁ。下の方は それほど風が無いけど。

f:id:pft78526:20171229154846j:plain

リフトは まだ動いてないので

あの姥沢小屋跡の近くから まずは尾根まで登る。

 



ひえ~っ。

最初から急だよ~。

 

急斜面を登って・・・



ふり返って見ると 

遠くに真っ白な朝日連峰が!! \(^o^)/

f:id:pft78526:20171227141505j:plain
写真左奥に うっすら見えるのは、たぶん飯豊連峰。



右側に 月山山頂が見えてきた。


夏道は まだ雪の下。

どこを歩いていってもいいんだ~! \(^o^)/

f:id:pft78526:20171228093900j:plain
ずっと先に、人の姿が点のように見える。




途中、

急斜面に備えて アイゼンを装着。





ふり返ってみた。

やっぱり朝日連峰、キレイだな~。

f:id:pft78526:20171228094111j:plain

 


急斜面。

スノーシューを履いて ボードを背負った人も アイゼンを履いた人も

みんな黙々と 一歩一歩登っていく。


バテ気味になってきた私。

ジグザグに歩きながら ゆっくり登った。




ふり返ると、

雄大な景色の中、人の姿が点々と見えた。

f:id:pft78526:20171228094242j:plain




登るにつれて

冷たい風が吹くようになってきた。

f:id:pft78526:20171228094441j:plain




風紋が美しかった。

f:id:pft78526:20171228094538j:plain

 


山頂近くの台地に上がった途端、

立っているのが大変なほど ものすごい強風! ( ゚Д゚) 

吹き飛ばされないようにしながら進んだ。




山頂の小屋や神社は 屋根まで雪に埋まっていた。

あまりの強風に、座り込んだ私。

f:id:pft78526:20171229155438j:plain

それでも、

この時期の月山に登れたことが嬉しかった。



山頂には少しだけいて 下山開始。

 

f:id:pft78526:20171228095009j:plain




このまま 空を飛べそうな気がしてくる景色。

( 子どもの頃、平泳ぎで空を飛ぶ夢をよく見たな。)

f:id:pft78526:20171228095328j:plain
この写真の右端の山の上に・・・



スキーヤーたちの姿アリ!

f:id:pft78526:20171228095251j:plain

今日みたいな日に 

遠くまで連なる山々に飛び込んでいくように滑るのは

気持ちいいんだろうな・・・。




小さく小さく湯殿山神社の大鳥居が見える。

f:id:pft78526:20171229155555j:plain




途中の斜面で 昼食休憩。

 
下山は 姥沢スキー場の方をぐるっと回って歩いた。

               

f:id:pft78526:20171228095804j:plain




駐車場まで行く途中、今日歩いたところを眺めた。

写真の右下から尾根に上がり、尾根を左に進み、

写真で見えない向こう側を、右の山頂へ歩き、

下りは 左の姥ヶ岳の方をまわってきたのだ。

(あれ? よくわからない?)

f:id:pft78526:20171229155846j:plain




帰路。

雪壁に挟まれた道で パチリ。

f:id:pft78526:20171229155951j:plain

 


無雪期とは違う月山、

楽しかった~! \(^o^)/