bluesky-15’s diary

今まで撮った写真の中から その時の気分でアップしていきます。

2017.6  鳥海山 御浜小屋泊


2017年6月

鳥海山の御浜小屋にて 初めての小屋泊。



鉾立よりスタート。

f:id:pft78526:20180101091523j:plain

奈曽渓谷の向こうに 

鳥海山の山頂が キレイに見えていた。

 



陽の光を浴びた植物たちのイキイキした姿に

元気をもらいながら歩く。

f:id:pft78526:20180101091601j:plain





夏道は、
左下に見える方が歩いている辺りの雪の下に。

f:id:pft78526:20180101091452j:plain





稜線に出ると、

真っ青な空に 真っ白な雲が。


f:id:pft78526:20180101091231j:plain



 青空に向かって みんなで歌っているハクサンイチゲたち。

f:id:pft78526:20180101091325j:plain





風を感じながら、

山頂の方を眺めながら、

のんびり歩いた。

f:id:pft78526:20180101091710j:plain





御浜小屋は もうすぐ。

f:id:pft78526:20180101091841j:plain




この日の鳥海湖。

f:id:pft78526:20180101091953j:plain




初めて泊まる御浜小屋。

入口から向こうに見えるのは 稲倉岳。

                 f:id:pft78526:20180101092028j:plain




大きな荷物を小屋に置いて

御田ヶ原の方へ散歩。

f:id:pft78526:20180101092154j:plain





f:id:pft78526:20180101092231j:plain





f:id:pft78526:20180101092316j:plain





日差しを浴びて 鮮やかなピンクのイワカガミ。

    f:id:pft78526:20180101092340j:plain




日本では この鳥海山で最初に発見されたという  

ヒナウスユキソウ。

   f:id:pft78526:20180101092434j:plain




「ようこそ 鳥海山へ!」

と、ハクサンイチゲたちが こっちを見ていた。

f:id:pft78526:20180101092504j:plain




七五三掛の手前で 

山頂と そこにかかる雲を眺め・・・

f:id:pft78526:20180101092734j:plain




なだらかな曲線が描かれた笙ヶ岳方面を眺めながら・・・

小屋の方へ戻った。

f:id:pft78526:20180101092919j:plain




f:id:pft78526:20180101093009j:plain




 御田ヶ原の辺りから 風が強くなり、ガスが流れてきた。

f:id:pft78526:20180101093046j:plain




陽が傾いてきた西の景色も ぼんやり。

f:id:pft78526:20180101093138j:plain




強い風とともに ガスが南から北へと流れ

稜線を越えていった。

f:id:pft78526:20180101093246j:plain




日本海に沈む夕日。

f:id:pft78526:20180101093353j:plain




初めての小屋泊。

窓の向こうが 夕焼けに赤く染まっていた。

                     f:id:pft78526:20180101093418j:plain

夕方 ガスで真っ白だったのに、

夜は キレイな星空が広がっていた。




迎えた早朝。

空には薄い雲。

f:id:pft78526:20180101093527j:plain




北東側の空には 朝焼けのオレンジ色のライン。

f:id:pft78526:20180101093607j:plain



朝食の後、笙ヶ岳へ。

f:id:pft78526:20180101093814j:plain




f:id:pft78526:20180101093945j:plain





笙ヶ岳一峰から

緑の中に 赤い屋根の万助小舎が小さく見えた。

f:id:pft78526:20180101094508j:plain




下山の途中、

雪原を歩く私。

f:id:pft78526:20180101094415j:plain

(同行の先輩 撮影)



f:id:pft78526:20180101094620j:plain




 

               f:id:pft78526:20180101094219j:plain



初めての小屋泊。

のんびりと歩き

のんびりと山の時間や景色を楽しむことができた。