bluesky-15’s diary

今までの写真の中から その時の気分でアップします。

滝のそばで水しぶきを浴びるのが好きな植物たち

あそこにダイモンジソウの花が咲くのは いつ頃でしょうか。( 2024.5 遊佐町・高瀬峡にて )

歩いてきた道を振り返って眺めました

( 2024.5 南雁戸山にて )

茎の先の葉は カモシカが食べたようです

真ん中の茎だけ、新しい葉が出てきてますね。( 2024.5 鳥海山山麓にて )

ようやく雪がとけ、今が芽吹きの時

( 2024.5 雁戸山にて )

食欲旺盛

( 2024.5 遊佐町・高瀬峡にて )

火打岳から大尺山へ

( 2024.5 火打岳にて )

あがりこのブナ

( 2024.5 金峯山~鎧ヶ峰にて )

ブナの木々を眺めながら歩く

( 2024.5 金峯山~鎧ヶ峰にて )

東側の急斜面を見下ろしながら行く

( 2024.5 火打岳にて )

登山者を見送るブナ

( 2024.5 槍ヶ先山麓にて )

ギボウシの葉が朝日をあびていました

( 2024.5 金峯山にて )

稜線を歩いて火打岳へ

遠くに鳥海山を眺めつつ・・・。( 2024.5 大尺山にて )

ハクサンイチゲ、もうツボミが

GWの終わりには咲き始めたようです。( 2024.5 鳥海山にて )

長坂道の方へと登る人たち

( 2024.5 鳥海山にて )

植えたみたい

( 2024.5 母狩山山麓にて )

おはよう ワラビィ

( 2024.5 母狩山にて )

石に映った木の影が目にとまりました

( 2024.5 金峯山にて )

小さく畳まれていた葉が 少しずつ開いていく

( 2024.5 母狩山にて )

杉林の中を行く

( 2024.5 母狩山山麓にて )

溶岩流の跡がわかりやすい時期です

溶岩流跡の中に万助小舎の赤い屋根が小さく見えました( 2024.5 鳥海山にて )

鍋森の向こうに山頂

( 2024.5 鳥海山にて )

何度も眺めてしまう稲倉岳東斜面

( 2024.4 鳥海山にて )

芽吹き始めた木々

( 2024.4 鳥海ブルーラインにて )

遠くに月山を望みつつ 笙ヶ岳一峰へ

( 2024.4 鳥海山にて )

経ヶ蔵川のそばで

( 2024.4 経ヶ蔵山山麓にて )

笙ヶ岳一峰へ向かう人の姿が小さく小さく見えました

( 2024.4 鳥海山にて )

地面をおおっていたのは 何の木の花でしょうか

( 2024.4 経ヶ蔵山にて )

なかよし

( 2024.4 経ヶ蔵山にて )

溶岩と火山灰が積み重なった岩壁に見入ってしまいました

( 2024.4 鳥海山にて )

フキノトウは もう こんな姿に

( 2024.4 経ヶ蔵山山麓にて )